2014年2月25日

2014/02/26の00:00にて, WindowsAzureの日本データセンターが稼働開始となったようです.

場所は, 関東と関西(埼玉県と大阪府)にそれぞれ設置され, それぞれが3重のディザスタリカバリ対策が施され, 6重の構えをとっているため, 災害の多い日本でも安心して運用できる形となっています.

クラウド導入に対する無償の相談窓口や, 有償での移行サービス, 24時間365日の障害サポートなど, 充実した支援体制も整い, クラウド導入に対するハードルが非常に低くなっていることも特徴として挙げられます.


fig1

新規作成画面についに日本の文字が…!

曰く, ほかのアジアリージョンと比較するとレイテンシは3倍をほど改善されるようです.

最近, ようやくWordpressの日本語版がAzureに追加されたこともあり, 日本人が日本の環境でより使いやすいクラウドサービスに進化したAzure, ぜひ使ってみてはいかがでしょうか.

CATEGORIES