v1のメッセージタイプ

種類は、8つありました。

  • Message
  • Ping
  • DeleteUserData
  • BotAddedToConversation
  • BotRemovedFromConversation
  • UserAddedToConversation
  • UserRemovedFromConversation
  • EndOfConversation

詳細は以前の記事を参照してください。

 

v3のメッセージタイプについて

v1は、そもそもメッセージタイプが文字列定義だったので最高にしんどかったですが、v3になってようやくenumとして定義されて使いやすくなりました。

 

タイプは、6種類になったようです。

  • Message
  • ConversationUpdate
  • ContactRelationUpdate
  • Typing
  • Ping
  • DeleteUserData

それぞれの役割とかは下記のような感じです。

Message

ユーザとBotの間のシンプルなコミュニケーション時は、これを使います。

普通にメッセージのやり取り時はこれになります。

ConversationUpdate

Botが会話に追加された場合や、会話のメタデータが変更になった場合の通知に使われるメッセージタイプです。

v1の頃のBot・User/Added・Remove/From・To/Conversationメッセージタイプは、すべてこのメッセージタイプに統合されます。

ContactRelationUpdate

Botがユーザのコンタクトリストに追加、削除された際の通知に使われるメッセージタイプです。

Skypeでコンタクトリストに追加された際のThanksメッセージを返すためのトリガーなどが用途かなって感じです。

Typing

Botまたは、ユーザが現在メッセージを入力中というステータスを送る際に使われるメッセージタイプ

Ping

Botのセキュリティテスト用のメッセージに使われるメッセージタイプ

DeleteUserData

ユーザがBotに対してプロフィールやユーザデータの削除を要求する際に使われるメッセージタイプ

まとめ

メッセージタイプも根本的に置き換えられてますが、より普通のチャットで使われるアクティビティの挙動に合わせられての改変なので機能も豊富でかなりいい感じになったっぽいです。

CATEGORIES