App Serviceにデプロイ

まず初めにBotをAzureのApp Serviceにデプロイします。

App Serviceは、複数公開方法が提供されていますが、今回はVisual Studioから公開します。

 

ソリューションエクスプローラーでプロジェクトを右クリックすると以下のようなメニューが出るので公開を選択します。

image

選択すると以下のような画面が出るので発行先をMicrosoft Azure App Serviceを選択して、画面の指示に従って最後に右下の発行を押して発行します。

image

Botを登録する

App Serviceに公開してURLが手に入ったらBotを登録します。

ここ にとりあえずアクセスします。

赤枠のRegister a botを選択します。

image

以下の画面に従ってテキストボックスを埋めていきます。

エンドポイントは、https://~/api/hoge まで埋めてください(/api/~/ 以下を忘れないように!)

image

もろもろ入れると以下のような画面になります

 

これで公開完了です。あとは、いろいろなサービスと連携するだけです。

image

公開したらまず、Botのアプリの設定を変更します。

 

App IdとPrimary app secretをアプリのWeb.configに設定します。

AppIdに上のApp Idを、AppSecretにapp secretを設定します。

  <appSettings>
    <!-- update these with your appid and one of your appsecret keys-->
    <add key="AppId" value="YourAppId" />
    <add key="AppSecret" value="YourAppSecret" />
  </appSettings>  

 

確認する

設定を変更して再デプロイしたらBot Emulatorから疎通確認してみましょう。

右上に以下の項目があるので先ほどのApp Idとapp secretで埋めます。

image

 

そのあとメッセージを投げると以下の通り

image

 

まとめ

デプロイしてアクセスまで出来たので後はほかのサービスと連携するだけです。

 

SendMessageの挙動が本番環境と違っていてうまく動かないのでまた後日ということで(セキュリティ関係?)

CATEGORIES