2014年6月4日

つい最近VS2013 update3のCTPが出たばかりなような気がしますがもうすでに次期バージョンの2014のCTPが出たようです.

そこで, 簡単に新しくなりそうな機能をまとめてみます.

(英語よくわからないから間違えてるかも)

ここから詳細が見れます

変更点

ASP.NET

2014から, ASP.NETの次期バージョンであるASP.NET vNextのアプリケーションが作成可能となります.

vNextは, クラウドやオンプレミス環境でより効率的にASP.NETアプリケーションを開発可能となります.

簡単な機能としては,

  • ASP.NET MVCとWeb Apiが統合されて単一の新しいものとなる
  • 自身のランタイムも含めてすべてをNuGetパッケージにできる
  • すごいオープンソースになる
  • 自身のアプリケーションにてランタイムとフレームワークをデプロイできる(自己完結できる)
  • 依存性が楽になるっぽい
  • ノーコンパイル開発?

C#/VB

C#/VBもしっかり進化しているようです.

簡単な機能としては,

  • Roslynでリプレースされた
  • C#のリファクタリング機能が刷新
  • VBにリファクタリング機能が初めてついた?
  • ライブ子ど分析とオートfixをするためにMSのプラットフォームやNuGetパッケージの対応するコードのガイダンスを得ることができるようになる?

などなど

C++

ほかに比べて大量に変更点があるみたいでよくわからないので, 公式を参照のほど

まとめ

CTPの機能は, 必ずしも正式バージョンに入るとは限らない & 今後も機能追加の可能性は大いにあることを忘れないようにしてください.

また, この2014CTPは, 以前のバージョンのVSが入っている環境に入れるといろいろ面倒っぽいので普段の環境には入れないようにしてください.

CATEGORIES