2014年4月5日

年に一度のお祭りであるBuildが2014年も無事開催されました.

その中のセッションで, VisualStudioの最新アップデートが発表されましたが, その中にTypeScriptの正式リリース第一号が含まれました.

そこで今回は, 導入方法と学習サイトなどの紹介を行います.

導入

Node.js用は, 相変わらずnpmから導入可能

VisualStudioは, 2012と2013で導入方法が異なります.

から入手してください.

ちなみに2012は, アドオンで2013はVisualStudio自体のアップデートにてデフォルトで対応するといった形をとっています.

VisualStudio用も, npmでの導入同様コンパイラ単体でコマンドラインで叩いても従来通り使用可能です.

チュートリアル等

まだ1.0に完全対応したチュートリアル的なものが英語の資料くらいしかないので英語の資料を紹介します.

まずは, 言語仕様です.

ここ

にTypeScriptの言語仕様がまとめられたファイルがあります.(PDF)

チュートリアルというよりも, 普通に言語の詳細の仕様書なので本格的に学びたい方は一度目を通しておくことをお勧めします.

ハンドブック

ハンドブック的な資料です.

ここ

から閲覧可能です.

この資料は, 先ほどのものよりもかなりチュートリアル寄りなものですので, 開発の際に見直したりするといいかもしれません.

サンプル

サンプルコードです.

ここ

から閲覧可能です.

公式が用意しているサンプルなので, 一度目を通しておけばTypeScriptの作法がなんとなくわかるかと思います.

ブログ資料

公式のTypeScriptブログです.

ここ

から閲覧可能です.

いろいろ新情報など得られるかもしれません.

ソースコード

TypeScriptのソースコードは, CodePlexに公開されています.

ここ

から入手可能です.

一度目を通しておくと面白いかもしれません.

バグ報告

オープンなので, Issueもいつでも受け付けています.

ここ

あなたのIssue報告が明日のTypeScriptに繋がるかもしれません.

最後に

色々とざっと紹介してみました.

特に最後のIssue報告は, 今後のTypeScriptを作るうえで欠かせないものですので, なにか発見したらぜひ報告してみてはいかがでしょうか.

CATEGORIES