, 2014年6月5日

VisualStudio14CTPが出て, vNextに対応したIDEが出たことによって簡単にvNextを試すことが出来るようになりました. 公式のイントロダクション記事が存在しますが, 残念ながら日本語ではないので, その記事を噛み砕きながら紹介していこうかと思います.

前回のポストから1週間も空いてしまいましたが、引き続きPlay on Azureの話です。 前回TomcatでWARファイルを配置する際にFTPを使用してドラッグ&ドロップで行いましたが、手動で行うのは面倒。 ということでKuduを利用して、デプロイにフックして自動で配置してみます。

CATEGORIES