2014年3月26日

MongoDBのホスティングサービスには、MongoHQとMongoLabという2つのサービスがあります。 どちらも出来ることはほぼ同じですが、今回はその微妙な違いが知りたかったので調べてみました。

2014年1月25日

前回は, MongoDBにC#からデータを挿入, 検索の仕方を説明しました. しかし, DBを扱う上で必要な基本機能としては, データの更新や削除が必要になってくるかと思います. そこで, 今回は, MongoDBのデータをC#から変更, 削除する方法を説明します. 更新 MongoDBのデータを更新する方法は, 主に2種類です. 一つ目は, 直接クエリで内容を変更する方法, 二つ目は, 検索して取得したデータを変更して, もう一度保存する方法です. 実際にやってみる 直接更新を行いたい場合, MongoCollectionのFindAndModify()を使用します. 検索して取得したデータを行使し, 保存する方法を詳しく説明していきます. 具体的なソースコードを以下に示します. [csharp] //ローカルのMongoに接続 var server = new MongoClient().GetServer(); //データベースを選択 var db = server.GetDatabase("qaramell"); //コレクション取得 var collections = db.GetCollection<Value>("value"); //引数のスプリット List<string> valueList = new List<string>(value.Replace("rn", "n").Split(‘n’)); //ObjectIDを生成 ObjectId id = new ObjectId(valueList[0]); Value […]

2014年1月21日

最近流行ってますよねNoSQL. ということで, NoSQLなDBであるMongoDBとC#を連携する方法を簡単にまとめてみようかと思います. MongoDBのインストール ここからMongoDB本体を入手しましょう 適当な場所にダウンロードしたファイルを解凍して配置します. 適当な場所にdata, logsフォルダを作成 mongodb.exeをコマンドプロンプトから起動します.(オプションに –dbpath=dataのパス) これで, ポート番号27017(デフォルトポート)をリッスンしているMongoDBサーバが立ち上がります. 別のコマンドプロンプトでmongo.exeを起動 この際に, exception: connect failed のように表示されなければMongoDBの起動に成功です. プログラムとつなぐ準備 大概DBをプログラムから触る場合プロバイダが必要ですが, MongoDBも例に漏れず必要です. NuGetからちゃちゃっと入手しましょう. “Official MongoDB C# driver” というプロバイダが出てくるのでインストールしましょう. これで準備完了です. MongoDBの扱い方 MongoDBを操作する場合, 通常のRDBに比較的近いように操作できます. 動作としては, MongoDBサーバと接続 データベースに接続 コレクションを取得 という流れになります. ここでいうコレクションとは, RDBでいうところのテーブルのようなものだと思ってください. この動作をプログラムで示します. [csharp] var client = new MongoClient();//データベースサーバに接続 var db = client.GetServer().GetDatabase(value);//dbの接続(ないと自動生成) var collection = db.GetCollection("values");//コレクションを取得 [/csharp] ここでいうvalueは, […]

CATEGORIES